+weed(プラスウィード)の使い方について注意することまとめ

+weed(プラスウィード)はCBDを吸煙するためのものですが初めての方でも安全で簡単に利用できるところも人気の理由です。CBDは健康のためにもとても効果があるとして仕事上ストレスを感じ安い人や女性からも支持され始めています。

+weed(プラスウィード)はCBDの業界で今もっとも注目されているブランドです。こちらの記事ではプラスウィードの使い方について詳しく解説しています。

+weed(プラスウィード)を使うときの注意点

プラスウィードのCBDを吸煙する時の使い方の前に注意点がいくつかあるのでこちらにまとめます。

CBDを効果的に体内に取り入れるために事前に知っておくと便利なことの一つはプラスウィードから出ているCBDリキッドは粘土性が高いので吸煙する前に加熱して少し温めた方が良いですね。

プラスウィード専用のヴェポライザーは吸煙前の加熱スイッチがついているので特に気温の低い季節に利用する場合は必ず利用することをおすすめします。

また、通常のVAPEを吸煙するのとは少し違って、吸い込んだ蒸気は10秒ほどしっかりと肺に留めて置くことが大切です。肺に留めた後、ゆっくりと鼻から吐き出します。CBD成分を肺から体内に十分取り入れるためにこのような吸煙方法が有効です。一般的なVAPEのように煙を楽しむのではなくCBD感を味わうために吸った煙を一旦肺に留めるコツを掴めば簡単です。

CBDリキッドは人によっては即効性があり眠くなることもありますので車や機械を運転する方は控えた方がいいですね。

その他の注意点については公式サイトにて詳しく記載されていますので使用前に確認することをおすすめします。

 

>> 公式サイトを確認する

 

+weed(プラスウィード)の使い方ー使い捨てカートリッジ編

プラスウィードは初めて電子タバコやVAPEを扱う方にもとても簡単でストレスなく使える使用になっています。CBDを肺から吸煙するための方法として使い捨てカートリッジタイプとCBDリキッドを充填して使うものと2種類ありますが、こちらではカートリッジの使い方を説明します。

プラスウィードのバッテリーヴェポライザー本体に交換タイプのカートリッジを直接ジョイントして使用します。

 

 

STEP1: 電源のスイッチボタンを素早く5回連続押しでON・OFFを切り替えます。
STEP2: スイッチボタンを2回連続押しで(約15秒間)余熱が開始されます。(CBDリキッドを温めてください)
STEP3: スイッチボタンを3回連続押すとランプの色が変更して電圧が変わるので煙の量の調節ができます。

ランプの色と電圧の違い。電圧が大きくなると煙の量が増えます。

白・・・電圧2.7V
青・・・電圧3.1V
赤・・・電圧3.6V

このようにカートリッジ1つで約350回の吸煙ができるようになっています。ヴェポライザーの電池は充電式ですのでバッテリーが弱くなったら専用USBケーブルで充電しますが、フル充電には約2時間かかりますので持ち出す予定があるときはしっかり充電しておきたいですね。

+weed(プラスウィード)CBDカートリッジの種類

プラスウィードCBDカートリッジには2種類のフレーバーと3種類の濃度があります。さらにフルスペクトラムカートリッジはCBD以外のカンナビノイド成分を含んださらに濃度が高いものです。

・ピュアCBDカートリッジ

ピュアCBDカートリッジは「CBD結晶粉末パウダー」をリキッドに配合していますので最高10%という高濃度のCBD含有量です。濃度は3%・5%・10%の3種類から選ぶことができます。

フレーバーはハーブとピーチシャンパンの2種類があります。

・フルスペクトラムカートリッジ

CBDの他にカンナビノイド成分のCBG・CBDV・THCVの4種類が含まれていて超高濃度使用。CBD濃度は10%~最高60%まで10%ずつ段階的に選ぶことができます。

フレーバーはネイチャーフレーバーのみです。

 

>> 使い捨てカートリッジについての詳しい説明は公式サイトで確認できます

 

+weed(プラスウィード)の使い方ーリキッド編

プラスウィードのCBDリキッドの使い方は専用ヴェポライザーにリキッドを充填したアトマイザーを取り付けて使用します。

使い捨てカートリッジに比べると手間はかかりますがコスパはよいですね。

リキッドの使い方をSTEP順に説明します。

STEP1: アトマイザーのキャップを回して外します。

STEP2: 中央の穴に入らないように注意してリキッドを注入します。 アトマイザーにリキッドを充填する前にリキッド自体を上下に振ってよく混ぜてくださいね。

STEP3: 立ててみて大体半分くらい充填するのが目安です。リキッド充填後は15分くらい置いてリキッドを浸透させてから吸煙します。

 

ヴェポライザーの電源のON・OFF、余熱のやり方、電圧の調整と煙の量の変更などはリキッド使い捨てのものと使い方は同じです。

リキッドを使用する場合、充填部分のアトマイザーは定期的(約1ヶ月)に交換が必要となるの注意が必要です。

+weed(プラスウィード)CBDリキッドの種類

CBDリキッドもカートリッジと同様にピュアCBDとフルスペクトラムリキッドの2種類が用意されておりフレーバーも含有量も全て同じものですが、コストパフォーマンス面を考えるとやはりリキッドの方が経済的です。

 

>> プラスウィードCBDリキッドの種類を詳しく見る

 

現在プラスウィードでは使い捨てカートリッジとリキッドの両方でCBDリキッドとヴェポライザーが揃ったスターターキットが初回無料で手に入るキャンペーンが実施されています。

初めてCBDを試すなら知名度がしっかりしているプラスウィードからスタートするのもおすすめです。

 

〜こちらから無料キャンペーンで購入できます〜